そーまの日々ログ

Vストローム250おじさんが、ツーリングしたりキャンプしたり登山した記録を残すブログ

2018年キャンプツーリングを振り返る@春~夏

死んだと見せかけて生きてました。

 

これはバイク Advent Calendar 2018、3日目の記事です

 

2018年も終わりということで、今年のキャンプツーリングを振り返ってみるぞ。

 

1stキャンプ@富津公園キャンプ場

価格    :★★★☆☆(入場料+持込テントで1,000円)

ロケーション:★★☆☆☆(林間キャンプなので見晴らしはなし。春には桜が咲く?)

買い出し  :★★★★★(近隣にイオンあり)

温泉    :★★☆☆☆(近隣には温泉なし? 温水シャワーはあり)

乗り入れ  :★★★☆☆(少し離れた駐車場からリヤカー。あるいは荷降ろし場で降ろしてリヤカー)

地面    :概ね土、一部草。アルミペグでも大丈夫。

予約    :可。オフシーズン・連休以外は当日でも大丈夫か。

コメント  :価格、距離ともに通いやすく、キャンプ入門にはよさそう。大風が吹いても、林間なのでキャンプ場は静か。買い出しもイオンが近くに有り便利。


千葉の富津岬にあるキャンプ場。

これがキャンプツーリングデビューでした。

クソオブクソ風の恐怖のアクアラインを抜けた思い出。

 

譲ってもらったモンベル ムーンライトⅠ型君。

 

まだまともに料理してた頃。

 

 

2ndキャンプ@新戸キャンプ場

価格    :★★★☆☆(入場料+持込テントで1,400円)

ロケーション:★★★☆☆(道志川を眺めながらのキャンプが楽しめる)

買い出し  :★★★★☆(近隣にマルエツあり)

温泉    :★★★☆☆(近隣にやまなみ温泉。ちょっと足を伸ばすと秋山温泉)

乗り入れ  :★★★★★(乗り入れ可。区画内に駐輪)

地面    :概ね土、石混じり。アルミペグでもギリ大丈夫?

予約    :不可。

コメント  :道志みちの東の端で通いやすい。予約不可なので、いい場所を取るには朝イチで行こう。こじんまりとした区画に張れば静かに過ごせる。その後はダラダラするもよし、道志みちを走るもよし。 

 

初めてのソロキャン。

道志は近くていいね。

 

 

 

 

早々に自炊を諦めたやつ。

 

3rdキャンプ@青野原オートキャンプ場

価格    :★★★★☆(入場料+バイク+テント小で700円)

ロケーション:★★★☆☆(基本は林間キャンプ。場所によっては川が見える)

買い出し  :★★★★☆(近隣にマルエツあり)

温泉    :★★★☆☆(近隣にやまなみ温泉。ちょっと足を伸ばすと秋山温泉)

乗り入れ  :★★★★★(乗り入れ可。区画内に駐輪)

地面    :概ね土、石混じり。アルミペグでもギリ大丈夫?

予約    :不可。

コメント  :予約不可なので、いい場所を取るには朝イチで行こう。区画が比較的広いためか、グルキャンのウェイやファミリーが陣取って賑やかになりがち。砂利道の横に陣取ると、往来で砂が舞ったりする。 

 

道志が俺たちを呼んでいた。

 

パニア無双。

 

 

 

4thキャンプ@内山牧場キャンプ場

価格    :★★★☆☆(バイクで1,100円)

ロケーション:★★★★★(山の上のキャンプ場で抜群の眺め)

買い出し  :★☆☆☆☆(近隣にスーパー・コンビニなし。下仁田か佐久で買い出ししてから行こう)

温泉    :★★★★☆(敷地内の宿泊施設にお風呂あり。夕方に閉まるのでお早めに)

乗り入れ  :★★★★☆(乗り入れ可。フリー区画なので駐輪自由。道中砂利道)

地面    :牧場の草地。アルミペグ可。

予約    :不可。

コメント  :フリーサイトなので、いい場所は早いもの勝ち。フラットな場所は限られているが、バイクなら空いたスペースに割り込みやすくはある。洗い場は複数あるが、トイレが一箇所しかない?ので遠くに陣取りすぎると往復が面倒。

 

ペアキャンで長野まで遠征。

 

最高のロケーション。

 

 

5thキャンプ@森のまきばオートキャンプ場

価格    :★★☆☆☆(バイクで1,600円)

ロケーション:★★★★☆(広々とした牧場。開放感はある)

買い出し  :★★★☆☆(15分ぐらいのところにスーパーあり)

温泉    :★★☆☆☆(銭湯まで30分ぐらい。シャワー有り)

乗り入れ  :★★★★★(乗り入れ可。フリー区画なので駐輪自由)

地面    :牧場の草地。アルミペグ可。

予約    :可。人気なので必ず予約していこう。

コメント  :フリーサイトなので、予約しててもいい場所は早いもの勝ち。夏は木陰が望ましいが速攻で取られる。ゆるい傾斜地が多いので、フラットな場所は用水路周辺に限られるか。トイレと洗い場の近くに陣取ると便利。

 

 

季節は夏。暑すぎて死。

 

ウーン広い。

 

ムーンライトⅠ型君から、クロノスキャビンⅡ型君にクラスチェンジ。

 

前室からの眺めヨシ!

 

薪と炭を買えなかった(時間過ぎてた)負け犬の末路。

  

書く気があれば後編に続く!

現場からは以上です。

 

【宣伝】まだバイクアドベントカレンダーに空きがあるので、参加者求むやで。

爺ヶ岳に登ってきた@一日目

猛暑&猛暑の隙間に、北アルプス爺ヶ岳に山小屋泊登山に行ってきた。

爺ヶ岳 - Wikipedia

場所的には長野と富山の県境って感じですね。

 

この日は調布からも富士山が見える快晴!

こうも天気が良いとワクワクが止まらんぜ。

続きを読む

Vストローム250キャンプツーリング用品まとめ&インプレ(2018/8更新)

Vストローム250に積んでいるキャンプ道具をまとめるついでに、軽いインプレを。

  • [シートバッグ] タナックス フィールドシートバッグ
  • [テント] モンベル クロノスキャビン 2型
  • [寝袋(シュラフ)] モンベル ダウンハガー800#3
  • [コット] ヘリノックス コットワン
  • [テーブル] キャプテンスタッグ アルミロールテーブル & 廉価テーブル
  • [チェア] パチノックス
  • [焚き火台] ピコグリル398
  • [ストーブ] ソト レギュレーターストーブ ST-310
  • [クッカー] 廉価クッカー
  • [LEDランタン] ジェントス EX-777XP

[シートバッグ] タナックス フィールドシートバッグ

タナックス(TANAX) フィールドシートバッグ モトフィズ(MOTOFIZZ) ブラック MFK-101

タナックス(TANAX) フィールドシートバッグ モトフィズ(MOTOFIZZ) ブラック MFK-101

みんな大好きタナックス。

コスパに優れ、かゆいところに手が届く便利設計で、とりあえず買うならタナックス一択なのでは。

これをVストローム250のタンデムシートに載せている。固定はサイドパニア連結部分の左右2ヶ所を利用。

弱点としては、

  • 単体では防水性能がない(カバーは付いている)
  • 荷物満載してケツの小さいシートに積むとたわむ
  • 大きなテントは拡張しないと入らない

と言ったところか。

玄人ニキ達は、ホムセン箱に乗り換えたり、一回りデカいキャンピングシートバッグ2とかにしているもよう。

キャンプしなければ余裕のよっちゃんなんだけど、テントやらコットを積むと結構パンパン。

将来的にはホムセン箱にしてもいいなぁとは思っている。

続きを読む

Vストローム250の6ヶ月点検&自主改善に出してきた

今月末に控える北海道ツーリングを前に、Vストローム250を点検に出してきた。

半年点検のついでに、ちょっと前に出ていたトップケースプレートの交換もお願いした。

後付用品として販売したトップケースプレートにおいて、取付部の強度が不足しているものがあり、段差等を通過した際、その衝撃によりトップケースプレートが破断し、トップケースとともに脱落し、他の交通の妨げになるおそれがあります。 

 お前これ高速で落っことした日にはよぉ……

さすがに他人を巻き込むような事故はNGなので、交換してもらおう。

 排気管カバーの件といい、ハンドルスイッチの件といい、君いろいろリコール出てるね?

そろそろ出尽くしたことを祈ろう。

続きを読む

登山装備インプレ

富士山に登ってきたついでに、現在の山用装備をまとめてみる。

 

ザック

なにはともあれザックだが、現在はドイター フューチュラプロ36を使っている。

 

[ドイター] リュック フューチュラプロ36 D3401118-4701 4701 グラファイト×ブラック

背面がメッシュ構造になっていて通気性抜群。

登山中に背中が蒸れてビショビショにならないのは、汗っかきにとって最高。

ただし、メッシュ構造がゆえにスペック通りの容量に満たない&少し重量がかさむのが難点か。

ヒップベルトは大判で左右に小型の荷物入れがあり、小物や携行食を入れるのに重宝する。

日帰り、一泊二日の登山であれば、これ一つでオールマイティに使えそう。

続きを読む

富士山に登ってきた@二日目

sohma.hateblo.jp

↑初日に続き、いざ二日目。

 

山小屋で二時半頃起床。

いざ御来光を見に行かん。

ヘッドライトを装着して、いざ出発である。

続きを読む